Toggle

辛旨トーク

平成の眠りを醒ますミサイル発射 たった一発で夜も眠れず

狂気の北朝鮮 金正恩による銀河12号が予告なく日本列島を飛び越えて太平洋に着水した。戦後70年、平和ボケしていた日本人の惰眠をJアラームのベルがたたき起こした。今までは平和憲法に安住し、アメリカの核の傘の元で自国は自国で守るという国家の基本すら棚上げにして来た我が日本国民が、北朝鮮のお蔭でやっと眠りから醒めようとしている。いくらトランプのアメリカが同盟国であっても、アメリカファーストである以上、自国の国民を危険に陥れるリスクを回避するのは当然のことだ。世界のどの国も自国の権益と存続の為にあらゆる智謀の限りを日夜尽くしているのが国際社会の実情だ。その原点を忘れて、お仕着せの矛盾だらけの日本国憲法を守る事を金科玉条にし研究費なる国費をネコババしてきたエリート憲法学者は、愚かにも日本を守る事よりも憲法を守る事の重要性をつい最近まで主張して来た。そして今そこにある危機、つまり北朝鮮や中国による日本の権益の簒奪や国家の尊厳に対する蹂躙に対しては声を潜めている。この痩せたソクラテスではないインチキ憲法学者を擁護してきたのが左翼マスコミであり、日本共産党に魂すら売ってしまった民進党だ。今こそ日本は世界で有数の海洋国家(国際法上、中国の支配可能な領海は日本の3分の一に過ぎない)の国土と領海を防衛する為に最低限の装備を急がなければならない。エスカレートする中国の海軍力に対して、わが日本の海上自衛隊の保有艦は50隻程度で3分の一に過ぎない。これを補填する筈の海上保安庁は愚かなことに平和ボケ憲法の為に武器を使用する事すら限られている?! 本来中国の領海の3倍の領海を有する日本の所有すべき艦船は中国の3倍の450隻である。せめて中国と同数以上の艦船を早急に保有すべきである。仮に国家予算が不足なら3兆円のファンドを募り700億円のイージス艦も含めて平均1隻200億円の建造費の艦船を150隻でも建造すればいい。当然ながら15年の償却資産適用として節税商品を作ればいい。政府によるデノミ発表を恐れ海外に流出している資産家のお金の受け皿にはもってこいだ。平和国家として核兵器を持つこと(実はこのほうが迎撃ミサイルを持つよりも抑止力も高くコストパフォーマンスも高いのだが)を諦めるなら、迎撃ミサイルをハリネズミの様に日本海側に配置すべきだ。武闘派北朝鮮の後ろには200発のICBMを日本に向けて配備している悪玉のドンである中国が虎視眈々と日本の領土を狙って居る事を忘れてはならない。

その他の辛旨トーク

Return Top