English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어
Toggle

辛旨トーク

アウトレイジに似た相撲協会理事たち

僕の父親は大相撲が大好きで柏戸の大阪での後援会長をしたり、自宅に相撲取りが泊まりに来たこともあった。僕自身も大阪場所を何度観に行ったか数えきれない。だから僕も今の相撲協会のごたごたが気になって仕方がない。北野武監督の映画アウトレイジよりもキャラが立っている相撲協会理事の面子はテレビのワイドショーの格好の素材である。来るべき理事選挙に貴乃花親方や春日野親方が出る出ないと話題は尽きない。あれだけモンゴル出身の関取が多いのだから一人くらいモンゴル出身の理事もいても良いのではないかと考えるが、保守的な相撲協会では少し革新的な貴乃花親方さえ異端児に映るのだから改革は大変だ。栃ノ心の優勝で幕を閉じた大相撲初場所。マスコミは優勝を美談として持ち上げ栃ノ心も喜びを素直に表している。栃ノ心は膝の怪我さえなければ既に横綱になっていたであろう逸材だが、マスコミや贔屓筋の攻勢を上手くかわしておかないと、来場所,怪我や不振に喘ぐ事になりかねない。駄目横綱・エルボースマッシュ専門の八百長疑惑の横綱・九六大関と頼りない上位陣に活を入れる為にも栃ノ心関は是非とも横綱を目指してもらいたい。さて琴奨菊関が初優勝後マスコミに美人妻や琴バウワーやともてはやされた挙句、大関を陥落して平幕に低迷してマスコミからは無視されている気の毒な状況を他山の石として現状に満足することなく栃ノ心関はもっと上を目指してもらいたいものだ。さて、どう考えても暴力排除に対して自浄能力の無い日本相撲協会が池坊厚顔横綱審議委員長等のバックアップを受けて暴力排除するかの様なポーズを見せている。上下関係の厳しい相撲協会や各相撲部屋で全ての所属者にアンケート調査したところで真実なんぞだれも語る筈がない。僕は基本的に暴力を日常的に振るっている格闘技系の人たち主導では暴力排除等出来る筈もないと考えている。泥棒に泥棒を止めろと指導する様なものだ。今回の件で暴力事件が暫く収まった所で組織のシステムに問題があるのだから、また同様の事件が数年内に発覚する事は目に見えている。そもそも公益法人の資格を前回の暴行死傷事件の時に剥奪して在野の人々によって日本相撲協会の運営システムを根本から改革しておくべきだった。例えば川渕チェアマンや京セラ稲盛会長や若い人では秋元康氏の様なマネージメント能力のある人物を政府主導で抜擢して日本国技である大相撲の組織大改革を行うべきだ。貴乃花親方が理事長になったところで根本的な相撲協会の改革なぞ出来る筈がない。一度、外部の力を借りて全く新しい相撲協会を作り上げ、公益法人として復帰したのちに看板として貴乃花理事長が就任すべきである。さて相撲協会には根本的な問題がある事をマスコミは忘れている。それは前時代的な興行権についてである。本場所以外に地方巡業等があり、その席売りや仕出し等の出入り業者の選定は利権に塗れている。バブル紳士で独占的利益に対して特段嗅覚の優れていた許永中氏が相撲協会を乗っ取り、その興行権を手中に収めようとしていた事は記憶に新しい。貴乃花親方の相撲道に対する考えや八百長や暴力排除に対する考えには賛同するが、本当の大相撲改革は興行権の透明化と高収益化である。今でも升席の販売にはダフ屋もどきが跋扈している旧態依然とした状況が続いている。コンビニやプレイガイドやインターネットで相撲の升席を公平に売り、NHK依存ではなく力士のDVDやグッズ販売や各試合記録を世界に販売拡販して利益が拡大していけば地方巡業も半減出来る。上手く運営できれば今の協会の収入は数倍に膨れ上がる。キャラクターや関連商品の販売で力士の収入も安定し、過密スケジュールでリハビリテーションすらろくに出来ない力士達の健康管理も楽になり怪我も少なくなる筈だ。その場しのぎの改革案ではなく、事件をもみ消す手間ばかりかけるのではなく、膿を出すのではなく、事件が頻発しているのに何故か興行成績の良い今こそ、根本的な組織大改革を政府主導で行うべきである。

その他の辛旨トーク

Return Top