English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어
Toggle

辛旨トーク

飲食店繁栄の鍵は、お客様との共同作業

僕達クワンチャイのスタッフはお客様がハッピイにお帰りになる事を目標に働いています。ですが僕達の能力にも限界がある事をお客様にもご理解頂きたいと感じる時もあります。例えば200人に一人位ですがデリバリーの時、交通事情で止む負えずお届け時間が7~8分遅れた時(僕は遅れそうなときには必ず電話しますが)に、血相を変えて叱責され果ては土下座まで強要されるお客様が居られます。遅れるこちらが悪いのですが交通事情という不可抗力でもあり、所詮、食事の前に何でこんなにギスギスして居られるのかなーと悲しくなります。また。新コンセプト店 クワンチャイ タイ食堂では食材原価率を50%に押し上げる代わりに、人件費率を20%に設定していることから、お客様にセルフサービスをお願いしていますが、お皿の上げ下げやドリンクサービスを強要されるお客様がたまに居られます。販売価格を倍に設定していてフルサービスしているのなら喜んで全てのサービスをさせていただきますが、販売価格が料理の品質のわりに大幅に安く設定されている事を、お忘れになり、従来の飲食店の様にフルサービスを望まれる事は物理的に不可能です。このあたりの、お客様と店側の阿吽の呼吸を判って頂けないと店のオペレーションシステムは崩壊してしまいます。セルフサービスのガソリンスタンドで、窓ふきを限られたスタッフに強要する様なものです。これはテニスでラリーをし易い為に,打ちやすいボールをお客様にお返ししているのに、粋がってスマッシュを打ち返して来られる様なものです。これでは何のために工夫して優しいボールを打っているか判らなくなります。個人競技以外のスポーツでも飲食店でも、常に相対的な関係で成り立っており、一方的に相手を打ちのめすのではなく、楽しいラリーを続ける事に意義があるのです。お願いします、店の繁栄の鍵は、お互いに尊敬しあい、いたわりあうお客様とスタッフとの共同作業である事を忘れないでください。

その他の辛旨トーク

Return Top