English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어
Toggle

辛旨トーク

大阪W選挙で維新が勝った原因を探る

多くの評論家やマスコミの予測を覆して大阪都構想推進派の松井市長と西村知事率いる大阪維新の会がクロス選挙という奇策を使って大阪市長選、知事選、両議員選挙で地滑り的勝利を勝ち取った。単純な票合わせからすれば、自民党、公明党、立憲民主党、共産党の支持者合計数と大阪維新の会の支持者数は反維新の方が多かった筈なのにどうしてこの様な結果が生まれたのだろうか。 僕は理由は3つあると考えている。①地下鉄民営化により料金値下げ等の維新の地道な実績への評価 ②主義主張の異なる反維新の野合の不純さへの有権者達の嫌悪感 ③利にさとい大阪庶民の規制改革と万博誘致、IR誘致等の経済活性化を図る維新への期待感 この3つの考えは日本の今後の発展にも繋がるのではないかと考えている。安倍長期政権で日本外交の成果が上がる期待感もあるなか、憲法論議以外に遅々として進まない日本の規制緩和、行政改革の断行と、そこから生まれる若者の未来と日本の輝ける未来に対する明快なビジョンを提示する事こそが喫緊の課題である。閉塞状況だった平成の時代から、未来に羽ばたく令和の時代へ国民を導く事こそが政治家の義務ではないだろうか。

その他の辛旨トーク

Return Top