English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어
Toggle

辛旨トーク

G20サミット大阪開催に思う

目下大阪G20サミットが開催されている。大阪市内のアラユルところでバリケードや検問が実施され、大阪市内は戒厳令を敷かれているかのごとき物々しさだ。我々サービス業にとってはお客様の足が遠のき大幅な売上ダウンは免れない。長期的には大阪の知名度が世界に拡がる事は良い事なのだろうが、G20サミット大阪開催は短期的にはサービス業を行っている我々にとっては百害あって一利もない。ここで疑問がある。①どうしてこれほどのイベントを梅雨のさなかに誘致したのか? 国際観光都市としての大阪のイメージUPをはかろうとするなら せめて梅雨前の6月前半に誘致すべきであった。②御用学者や御用マスコミはG20サミット開催の経済効果を500億円也と喧伝しているが、民間ベースでのG20サミット開催による営業機会喪失での経済ロス金額の発表、並びに全国から警察官を招聘した費用の発表をどうして行わないのか。全ての事象には光の部分と影の部分が存在する。笛や太鼓で騒ぎ立てるのではなく、もっと冷静にG20サミットの経済的側面を論じるのが学者やマスコミの責務ではないのだろうか?

その他の辛旨トーク

Return Top