English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어
Toggle

辛旨トーク

救国政府の樹立が必要な時期が迫っている。

昨日、安倍総理は第二次コロナウイルス対策を打ち出した。僕達庶民にとっては1兆6000億円の追加予算は莫大な気がするが、今回の消費税増税で冷え込んだ庶民マインドにとってはコロナウイルスのパンデミック化、そしてそれに伴う様々な自粛要請で、すっかり将来に対する深く底の見えない不安心理が染み込んでしまった庶民や市場には効果薄である。この不安心理と将来に対する絶望を解決するのは難解である。自民党のリーダー安倍総理が小出しにする発表、優秀であろう日本の官僚が打ち出す対策案、将来のビジョン無しに小出しの対策を繰り出しても絶望の淵に居る庶民には干天の慈雨とは感じられない。噛みつき雌犬を2匹飼う野党が駄目だから次善の策で自民党を選んできた選択肢は間違っていなかったが、未曽有の国難の今こそ強力なリーダーが必要だ。アメリカではペンス副大統領がコロナウイルス対策の陣頭指揮を執っている。日本では陣頭指揮を執るには安倍総理の体力に問題があるなら菅官房長官をコロナウイルス対策本部長を任命すればいい。時すでに遅しかもしれないが即断即決でもっと強烈なメッセージと対策を即断即決していかないと日本はもっと沈んでしまう。本当に沈んでしまう前に国民すべてが納得する救国政府を作らなければならない時期が近いのかも知れない。その時は、不遜かも知れないが令和天皇を日本再建の象徴として担ぎ出す必要が起こるかも知れない。

その他の辛旨トーク

Return Top